新着
11月22日(木)に、小学生の「石巻工業高等学校授業体験」が行われました。 目的は、ものづくり教育の基本観点から小学生に化学技術について体験してもらい、ものづくりの興味関心を抱いてもらうことと、小学生と専門高校生が共同して活動することにより互いの学習意欲を高め、地域に根ざした専門高校の活性化を図ることです。 石巻市立貞山小学校の6年生40名が参加してくれました。 ①鏡を作ろう ②溶液の「炎」の色を見てみよう とても興味を持って実験に参加していただきありがとうございました。私たちも楽しむことができ勉強になりました。また、石巻工業高校に遊びにいらしてください。  
ブログ
12/11
学科活動報告
電気情報科
12月10日(月),電気情報科1年生が富谷市にあるユアテック人財育成センターへ見学に行ってきました。そこではセンター内の施設見学をはじめ,日常に潜む電気に関する危険体験をさせていただきました。     電気は私たちの生活に必要なものですが,改めて安全に使用するにはどうしたらよいかを考え,電気を学ぶ意欲を高めることができた充実した時間となりました。 ご協力いただいた関係者の皆様に対して御礼を申し上げます。
12月10日(月)16:00より、天文物理部の「平成30年度酸化チタンを光触媒として用いた環境浄化実験事業中間報告会」が行われました。 目的は、平成22年4月に石巻市長から宮城県石巻工業高校校長に依頼のあった「酸化チタンを利用した光触媒による水質浄化実験」に関する取り組みの中間報告会を行い、今後の本事業の進め方について意見を交換し方向性を決めることです。 石巻市生活環境部から、部長の福田寿幸様、環境課長の武山勲様、環境課主事の高橋麻奈未様にご出席いただきました。 ①本年度の事業計画及び進捗状況 ②研究報告~自作光触媒の改良に関する研究~ ~自作光触媒を利用した環境浄化装置の制作~ ③質疑応答 ④講評~福田様より~懐疑心をもってモノを見ることが必要。それによってトライすることが出来る。わからないことがわかってきたり、新たな問題が出てくる。最終報告会に向けて新たなことに挑戦して欲しい、との講評をいただきました。   報告会の経験を基に、さらなる研究に励んでいきたいと思います。  
ブログ
12/10
学科活動報告
土木システム科
12月10日(月)に土木システム科1年生を対象とした現場見学会が行われました。これはICTを活用した新たな建設技術と建設産業の魅力を知るために実施されたものです。見学場所は「コマツIoTセンタ 東北(大郷町)」です。 (当日のカリキュラム)1 映像「KOMATSU - TODAY」の鑑賞2 建設機械の基礎3 映像「3DAYS CHALLENGE」の観賞4 デモンストレーション5 ドローン6 建設機械の実機見学 高校生は、現場全体をICTで結んでいくことで生産性を大幅に向上させるために、様々な工夫や、多くの技術が活用されていることを学ぶことができました。   (当日の様子)       その後、建設業協会石巻支部青年会の皆さんとの意見交換会が行われました。生徒たちは日頃から感じている質問などを建設業の若手技術者に対してぶつけていました。高校生にとって大変学ぶべきことの多い見学会となりました。        今回の現場見学会は、「宮城県建設業協会石巻支部 青年会」の多大なご協力により毎年実施されています。今年度も、大変有意義な見学会となりました。 ご協力頂きました「コマツIoTセンタ 東北」の皆様方、そして、「宮城県建設業協会石巻支...
ブログ
12/06
パブリック
学校生活について
読書によって得た感動は、「ことば」や「文章」にして伝えることで、自分と共感する考え方や、異なる考え方があることに気づくことがあると思います。そのようなことを考えてもらうために「全校読書会」を行いました。   1学年は各クラスの図書委員が選定した図書を使用します。 機械科のあるクラスでは「チヨ子(宮部みゆき)」という図書を使用しました。   その隣の建築科のクラスでは「さがしもの(角田光代)」という図書でした。     2年生と3年生は、新聞記事「eスポーツはスポーツなのか(H30.10.31朝日新聞)」を活用しました。      このような読書によって得た情報が、自分の生き方や暮らしに役立つことを実感してもらうとともに、そのことが生徒の心の成長するきっかけになってもらいたいと思います。