教育目標
教育方針

 教育基本法並びに学校教育法に従って、高等普通教育及び専門教育を施し、平和的な国家及び社会への形成者にふさわしい国民として、生きる力を育み、高い教養と技術を身につけた実践力のある工業系技術者を育成する。

 

学校経営方針

 1.工業技術者として地域社会の発展に貢献する人材の育成

 2.自ら考え、物事を正しく判断し、意欲的に行動する誠実で思いやりのある人材の育成

 よい技術者になるには、確かな専門知識を持ち、それを有効に発揮するための豊かな人間性を備えていることが必要です。県内でも有数の充実した施設設備を活用し、授業で確かな専門知識を身につける指導を行うことで、社会常識のある真面目で熱意のある生徒を育成していきます。

 

各学科の教育目標

機械科
 高校生として、素直で挨拶ができる人間教育を基本に、産業界を支える機械に関する基本的な知識や技術を習得させる。また、高度に情報化された機械技術についても理解させ、機械工業ならびに、これに関する諸分野での技術革新に柔軟に対応し、地域及び社会に貢献する実践的な技術者を育成する。

 

電気情報科
 電気工学・電子工学・情報工学に関する基礎知識と技術を習得させる。
 近年の情報化社会や、工業技術の進展に主体的に対応できる、創造性豊かで実践的な技術者を育成するとともに、地域の復興に貢献できる技術者を育成する。

 

土木システム科
 土木に関する基礎的知識や技術を習得させるとともに、土木事業、自然災害に対する防災施設などの社会基盤整備について理解させる。また、環境を考えた街づくり、そして文化や歴史に注目した生活空間の実現を目指すなど、柔軟に対応できる創造性豊かな実践的土木技術者を育成する。

 

化学技術科
 工業化学に関する基礎的知識を習得させるとともに、環境問題についてもその深化を図り、化学工業および関連分野における装置の運転・計測・保全・分析試験などの技術を身につけさせる。さらに工業技術の進歩に主体的に対応できる創造性豊かで地域に貢献しうる実践的な技術者を育成する。

 

建築科
 建築に関わる基礎的・基本的な知識と技術を習得させ、思いやりのある誠実な人間性を育成することを目指す。また、建築に関連する設計・診断・施工・管理・指導などの各分野における技術革新に柔軟に対応し、地域社会に貢献できる創造性豊かで実践的な建築技術者を育成する。