沿革
昭和37.11. 1 設立準備委員会発足。委員長に高橋彦治が任命せられる
昭和37.12.18 宮城県議会定例会にて学校所在地、開設月日を議決
昭和38. 2. 1 生徒募集定員公示 機械科2学級(80名) 電気科2学級(80名)
  土木科1級(40名) 工業化学科2学級(80名) 計7学級(280名)
昭和38. 3.30 第一期工事(本校舎CR19,特別2)竣工
昭和38. 4. 1 宮城県石巻工業高等学校開設
昭和38. 4. 1 宮城県教育庁指導課長片平正人・学校長に補せられる
昭和38. 4.11 開校式ならびに第一回入学式挙行
昭和38.11.12 第二期工事(管理棟、CR2)竣工
昭和39. 1. 8 校歌制定
昭和39. 3.31 第二期工事(実習棟関係)竣工
昭和39. 5.17 校旗披露、校歌発表会
昭和40. 5.10 第三期工事(実習棟関係)竣工
昭和40. 5.17 部室工事竣工
昭和40. 8.30 体育館工事竣工
昭和41. 3. 1 第一回卒業式挙行(卒業生316名)
昭和41. 4.30 第四期工事竣工
昭和47.11. 1 創立10周年記念式典挙行
昭和49. 3.10 柔剣道場竣工
昭和50. 4. 1 電気科・工業化学科女子生徒募集公示
昭和51. 2.21 校地拡張4,713㎡
昭和52.10. 7 柏梁会館竣工
昭和56. 8.20 艇庫竣工
昭和57.11.20 創立20周年記念式典挙行
昭和63. 3.17 講堂兼体育館防音改築工事並びに付帯工事完成
平成 4. 3.10 校地面積測量
平成 4. 3.19 校歌碑建立
平成 4. 3.19 CAD装置一式整備
平成 4. 5. 2 創立30周年記念招待試合(ラグビー・サッカー・野球)
平成 4. 8. 1 運動部室及び器具庫復元工事完成
平成 4.11. 5 創立30周年記念式典挙行
平成11. 4. 1 全学科男女募集となる
平成13. 4. 1 工業化学科第一学年学級減(2学級→1学級)
平成14. 5. 1 創立40周年記念招待試合(ラグビー・サッカー・野球)
平成14.11. 8 創立40周年記念式典挙行
平成15. 3.27 実習棟改築工事竣工
平成15. 4. 1 機械制御科(2学級)、電気情報科(1学級)、土木システム科(1学級)、
  化学技術科(1学級)へ学科改編 建築科(1学級)新設
平成17. 1. 1 新校舎において授業開始
平成24.11.16 創立50周年記念式典挙行
平成25. 3.21 創立50周年記念招待試合(野球・神村学園)
平成26. 4. 1 平成26年度入学生の学科名を改変 機械科(2学級80名)